iPhoneのバッテリーの減りが早い?バッテリーの持ちを伸ばす方法

iPhoneを1年以上使用しているとバッテリーの持ち時間が悪くなることもありますが、買ったばかりのiPhoneでも、設定の内容によっては不必要にバッテリーを消耗していることがあります。以下の項目に気をつけながら、バッテリーの消耗を抑えていきましょう。

・WiFiを使わない時はオフにする。
・Bluetoothを使わない時はオフにする。

・「設定」アプリ→「画面表示と明るさ」の項目の中にある「自動ロック」の時間を短めにする。

・「設定」アプリ→「画面表示と明るさ」の項目の中にある「手前に傾けてスリープ解除」をオフ。

・画面表示の明るさを、少し暗めにする。夜間はさらに明るさを抑える。

・「設定」アプリ→「バッテリー」の項目の中にある「低電力モード」をオンにする。

「設定」アプリ→「バッテリー」の画面のまましばらく置くと、アプリの一覧が消費電力の多い順に表示されます。普段使用しないアプリが上位に表示されている場合は、バックグラウンドで動作している可能性が高いため、アプリを終了させておきましょう。