現在地を共有しよう!Google Mapsで待ち合わせも簡単に

野外コンサート会場や大都市の駅前、ハイキングなど、屋外で待ち合わせる場所を連絡する場合、「Google Maps」Appを使うと便利です。
この記事で位置情報を共有方法をまとめますが、iPhone標準の「マップ」Appを使用した場合には位置が少しずれる場合がありますので、ご注意ください。


●「Google Maps」Appを起動して、できるだけ地図を拡大してください。

●共有したい位置を長押しして、ピンを表示させる。(画像は、航空写真に切り替えてあります)


●画面下に記載されている「指定した地点」をタップ。表示された項目の中から「共有」をタップ
●Appの一覧が表示される。送信したいAppがある場合は、そのAppをタップして選択してください。


●左の画像はiPhoneの「メッセージ」Appを選択した時のイメージです。
●LINEなどを利用したい場合、Appの一覧に「LINE」Appは表示されないので、「コピー」をタップしてください。
●「LINE」Appを開き、トークのフォームに長押ししてコピー。位置情報のコピーの内容が表示されます。住所情報は削除しても大丈夫ですが、リンクは削除しないようにしてください。

位置情報を受け取った相手がリンクをタッチすると、「Google Maps」Appが自動的に立ち上がって、共有したい位置情報が表示されます。
「Google Maps」Appがインストールされていない場合は、「Safari」Appが立ち上がって、自動的にGoogle Mapsのサイトが表示されますので、誰にでも現在地を送ることができて非常に便利です!