iPhoneの空き容量がない?写真やアプリを消さずしのぐ方法



iPhoneの空き容量が極端に少なくなると、カメラアプリで撮影中に「iPhoneのストレージがいっぱいです」というメッセージが表示されたり、設定アプリに「iPhoneの空き容量が残りわずかです」と注意項目が出ることがあります。

本来は、不要な写真やアプリを削除することで空き容量を増やすべきなのですが、それらを削除せずに一時的に空き容量増やすことができる簡単な方法をご紹介します。

設定アプリで確認してみます。現在のiPhoneの使用可能な領域は 469.2MB。

「iTunes Store」Appを起動し、映画のメニューを開き、ひとまず目に入った映画を選択してください。レンタルをタッチ。金額が記載されていますが、ひとまずタッチします。

金額が記載されていますが、ひとまずタッチします。
しばらくして「ダウンロードできません」と表示されるので、OKをタッチ。
「レンタル」という青いボタンが表示された場合は、キャンセルを選択します。

設定アプリを開くと、使用可能な領域は 492.7MB となっており、写真やアプリを削除することなく、23.5MBの空き容量が増えました。今回のテストでは増えた空き容量は僅かでしたが、場合によっては1GB以上も増えることもあります。

例えば、映画「ベン・ハー」は、1080p HDの映像データが 8.89GB もあるため、iPhoneの空き容量が9GBを下回っている場合は、この方法で空き容量が増加することがあります。

iPhoneをはじめ、パソコンやスマートフォンのシステムには「キャッシュ」という機能が備わっています。
iOSやAppが、データを一時的に蓄えておくことをキャッシュと呼びます。
例えば、SafariブラウザでYahoo!のトップページを見た後に、Appleのサイトを開き、もう一度Yahoo!のトップページに戻ると、1回目よりも2回目の方が、Yahoo!のトップページは早く表示されます。1回目のトップページを開いた時に、ページ内に表示されているYahoo!のロゴや画像は、iPhoneのストレージに一時的に蓄えられます。2回目に開く時には、ロゴや画像は再度インターネットからダウンロードされることなく、一時的に蓄えていたものを使用します。これがキャッシュの機能です。
キャッシュ機能は自動で動作し、データは自動的に蓄えられたり削除されたりしています。前述ではSafariブラウザを例に出しましたが、インターネットに接続するAppは、多かれ少なかれ、キャッシュの機能が働きます。「LINE」「Facebook」「Instagram」なども、このキャッシュの機能が働きます。


先ほどの映画のレンタルを行うと、iTunes Storeが映像データのダウンロード場所を確保するためにキャッシュデータを削除するので、ダウンロードはできなくとも結果的にiPhoneの空き容量を増やすことができます。他にも、「Facebook」「Instagram」「Twitter」を一度削除し、再インストール・再ログインすることでも、かなりのキャッシュデータを削除することができます。LINEの再インストールを行う場合は、メールアドレスの登録やトークをバックアップしていないと、必要なデータが消えることがありますのでご注意ください。

キャッシュデータは短期間で大幅に増えることはないため、一度この機能を使用すると、数日後に同じように映画のレンタルで空き容量を増やそうと思っても、空き容量はほとんど増えることがないので、気を付けましょう。